異常事態 新疆ウイグルに降る伝説の「六月の雪」

下の画像をクリックしてください。
祟り神.png


夏も近づこうという六月、新疆ウイグルに雪が降った。実は6月に雪が降るということには謂れがある。「六月の雪」が意味するのは「冤罪」だ。6月に雪が降ると、中国では伝統的に「冤罪がおこる」と考えられている。異常気象の発生は、冤罪があることを示し、”天網恢恢疎にして漏らさず”(天の目は全てを見透す)なのである


◆大紀元 エポックタイムズ・ジャパン ニュースサイト



ご寄付のお願い

大紀元 エポックタイムズ(日本語版)は、世界の主流メディアが報道しない中国の真相を伝え、社会の存続の柱である伝統文化を広めています。今回、クレジット支払いでも寄付が可能となりました。皆様からのご支援をお待ちしております。



※寄付についての詳細

"異常事態 新疆ウイグルに降る伝説の「六月の雪」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
大紀元 ご寄付のお願い.jpg
不倫.png
なにやってんだ?パキスタン政府.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg
グローバル・サプライチェーンが汚染されている.png