#宇宙 #有人飛行 #クルードラゴン アメリカ宇宙有人飛行、クルードラゴン打上。「宇宙大国」復活へ。中国の「宇宙強国」に対抗。スペースX、NASA、野口聡一、月、ロケット、ソユーズ、宇宙ビジネス(江夏まさとしニュースかんたん解説)

下の画像をクリックしてください。 「江夏まさとし ニュースかんたん解説」では、時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。 アメリカが5月27日に、有人宇宙飛行としてクルードラゴンを打ち上げます。スペースシャトルが退役になって以来、9年ぶりの有人飛行。なぜ、アメリカは9年間も有人飛行を止めていたのか。その隙に、中国が猛然と宇宙強国に向けて技術革新を行ってきました…

続きを読む

#中国海軍 #海上自衛隊 #増強 米研究機関によれば、中国海軍が海上自衛隊より大幅優位になっていると報告。尖閣占領の可能性も。また、全人代で国家安全法が提出。香港の自由が危機に。(江夏まさとしニュースかんたん解説)

下の画像をクリックしてください。 「江夏まさとし ニュースかんたん解説」では、時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。 アメリカの研究機関が、中国海軍の増強により、日本の海上自衛隊よりも優位になっていると報告しました。さらに、尖閣諸島を占領する可能性にも言及。日本の国防は待ったなしと言えます。また、中国で始まった全人代で、香港の「国家安全法」が提出されました…

続きを読む

#台湾 #蔡英文 #総統 台湾の蔡英文総統が毅然と2期目の就任。WHO年次総会で米中が激しい対立をしている陰で、日本は習近平国賓来日を見込んで腰が引けた対応を。外交青書、一国二制度(江夏まさとしニュースかんたん解説)

習近平国賓来日反対!下の画像をクリックしてください。 「江夏まさとし ニュースかんたん解説」では、時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。 台湾の蔡英文総統が5月20日に2期目の総統就任式に臨みました。一国二制度を受け入れないと発言するなど、毅然たる姿勢が目を引きました。時を同じくWHOの年次総会が開催。米中の激しい対立、つばぜり合いが展開され、台湾を巻き込…

続きを読む

#中国 #サイバー攻撃 #三菱 中国サイバー攻撃で、三菱電機の最新ミサイル情報が漏洩か。朝日新聞が一面で報道し、国防の重要性を伝えている!?高速滑空ミサイル、ブラックテック、人民解放軍(江夏まさとしニュースかんたん解説)

下の画像をクリックしてください。 「江夏まさとし ニュースかんたん解説」では、時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。 中国のハッカー集団がサイバー攻撃を行い、三菱電機の高速滑空ミサイルの最新情報が漏洩した疑いがあります。朝日新聞が一面で報道し、サイバー攻撃への備えを提言し、国防の重要性を訴えているように見えます。ところが同日付の社説では・・・。詳しくは動画…

続きを読む

#ファーウェイ #禁輸 #制裁 アメリカが中国ファーウェイに禁輸強化、台湾のTSMCが巻き込まれて打撃を受けることに。米中貿易戦争は新時代へ。サムソン、半導体、スマホ、通信基地局、トランプ(江夏まさとしニュースかんたん解説

下の画像をクリックしてください。 「江夏まさとし ニュースかんたん解説」では、時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。 アメリカが中国のファーウェイに半導体の禁輸強化を打ち出しました。台湾のTSMCが巻き込まれて打撃を受けることに。米中貿易戦争は激しくしのぎを削る新時代へ。その中で、台湾の生き残り戦略から学ぶべき点が多くあり、日本も緊張感ある国家運営が必要か…

続きを読む

新型コロナの陰で忍び寄る食料危機、飢餓・暴動・戦争の恐れ。輸出規制、物流の停滞、買いだめ、備蓄、労働者不足、害虫、ロックダウン、食料自給率、食料安全保障(江夏まさとしニュースかんたん解説)

下の画像をクリックしてください。 「江夏まさとし ニュースかんたん解説」では、時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。 新型コロナパンデミックとともに、食料危機が忍び寄っています。途上国では飢餓・暴動・戦争の恐れも。豊かな国は競り勝ちで食料確保はできるかもしれませんが、貧しい国は確保できずに飢餓に陥ってしまいます。日本は大丈夫なのか。詳しくは動画をご覧くださ…

続きを読む

国会激論 検察庁法改正案の是非、著名人の多数が抗議ツイート、問題の真相は何か。黒川弘務、林真琴、定年、特例、介入、指揮権、延長(江夏まさとしニュースかんたん解説)

#検察庁法改正案 #黒川弘務 #定年延長下の画像をクリックしてください。 「江夏まさとし ニュースかんたん解説」では、時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。 国会で検察庁法改正案を巡って、与野党が激しく論戦をしています。一方で、著名人が抗議のツイートをして話題になりました。黒川弘務東京高検検事長を巡って、様々な議論が起きています。この問題の本質は何か。詳し…

続きを読む

ファーウェイ制裁1年、苦戦も自前で部品を開発、トランプ大統領は資金で追討ち。ソフト、ユーチューブ、Gメール、グーグル、シェア、年金基金(江夏まさとしニュースかんたん解説)

下の画像をクリックしてください。 「江夏まさとし ニュースかんたん解説」では、時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。 アメリカがファーウェイを制裁して1年がたちます。その間に、ファーウェイは部品を自前で調達できるようにしてきました。その結果、最新スマホの内部はどれくらいのシェアになっているのでしょう。しかし、ソフトについては代替が効かないようです。トランプ…

続きを読む

中国「共産党ウイルス」命名元教授逮捕。「武漢日記」方方氏脅迫。共産党、習近平、弾圧、李文亮、プロパガンダ、文化大革命、圧力、情報隠蔽、責任転嫁(江夏まさとしニュースかんたん解説)

#共産党ウイルス #逮捕 #武漢日記下の画像をクリックしてください。 「江夏まさとし ニュースかんたん解説」では、時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。 中国「共産党ウイルス」と命名した北京技術大学の元教授が逮捕され、今も拘置されています。さらに、中国で有名な作家の方方氏がつづった「武漢日記」が問題視され始めました。方氏は脅迫を受けて始めています。問題の本…

続きを読む

中国の露骨な覇権拡張。アメリカの報復反撃。中国高官が謎の失脚。人民武装警察、尖閣領海侵犯、オーストラリア、東沙諸島、台湾、WHO、一帯一路(江夏まさとしニュースかんたん解説)

#中国 #覇権 #アメリカ下の画像をクリックしてください。 「江夏まさとし ニュースかんたん解説」では、時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。 新型コロナのなか、中国の責任論が世界で広がっています。それをはね返すように、露骨な覇権拡張が目立ってきました。アメリカも黙っておらず、報復反撃をしています。その中で、中国高官が謎の失脚をしています。その陰にはスパイ…

続きを読む