三足の草鞋

① 現場のお仕事(本職)② シショーの手伝い(趣味?)③ ボロ2号の修理(限りなくボランティア??) うんちょっとキツイ。 ので・・・更新継続の自信なし。 のでので・・・右側にイロイロ貼り付けるようにしておきますのでご容赦を ( ´艸`)

続きを読む

嗤うボロ2号 その2

今日は「成人の日」 紆余曲折な人生を送った者も、そうでない者も 無事、この世に生まれ出でて20年の青春を それぞれの意味で堪能できたのではないだろうか? これから先、 さらに長い人生を歩む君たちに「幸あれ」と祈っておこう。 俺は、「幸福の科学」の会員であり 「あの世」「天国」「地獄」の存在を信じ 「大川隆法総裁先生」を 「至高神:エル・カンターレ」であると信じている。 で…

続きを読む

嗤うボロ2号

きゃはははははは!!!!! はじけた幼稚園児のような鳴声と、ガショガショと意味不明な音響が入り混じって動くボロ2号機。 おっちゃん「・・・なに?これ?・・・」 オーナー「知らんがな!何とかしてくれ!!」 あきれたオーナーが電源を落とすと、近所迷惑な金切り声も泣き止む。 おっちゃん「楽しいコトになってんなぁ・・・」 オーナー「だろ?ココ(現場)にいなくて良かったな。」 …

続きを読む

原因

シショーは教えない。 黙々と作業するタイプの昔ながらの人だ。 『技術は見て盗め』を実践するジサマだ。 ・・・ので、 そばで手伝う。 溶接部を研磨しながら、 横目で手技をチラチラと見ながら・・・ 動画なんか撮るヒマないので、 「見取り」するしかない。 俺の言う「見取り」とは、 こんなの ⇒ https://ameblo.jp/yspo/entry-12116316769.h…

続きを読む

同一人物?

いやはや シショーはやっぱりシショーだ。 早い、うまい、正確。 くわえて力強い。 つい先日まで『愛のスタンプ』を額に貼っつけて のびてたジサマとワケが違う。 ジジジとやって、ガンガンと確認して 「うっし!おっちゃん!研磨頼むワ!!」 次々と、淡々とこなしていく。 ついてけないヨ~~~(´;ω;`)ウッ…

続きを読む

もはやボランティア その2

「悪ィなぁ、イロイロやらせちまって。仕事は明日から始めっからヨ」 携帯の向こうが賑やかだ。 シショーの親戚一同は、元気そうで何より 「気にしなくてイイっすよ。それより、仕事かなり押してますけど?」 「おう。先方に話して了解もらったわ。」 「何よりです。明日、いつも通りでイイっすか?」 「よろしく頼むわ。」 こんな感じの会話。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

続きを読む

もはやボランティア

シショーは今日も不在。 ・・・というか、軟禁状態?・・・ 電話では、 熱は下がったが、大事をとって休ませるらしい。 大黒柱にでも縛り付けられてるんじゃないか? それとも 『手の平スタンプ』が増産されたとかwww ともあれ 今日はゆっくりできるかなと期待していたが 「悪いけどさ、もう一件、頼まれてくれない?」 ときた。 「了解っす。近くですか?」 甘…

続きを読む

寒いザンス!

プレハブ冷凍庫のマシン。 中は-18度前後。 用途不明の初見の固定された機械。 やたら長い。 おそらく荷運び用? おっちゃん「さむいんですケド・・・」 副社長「まぁ、そーだわな。」 いやいや、当たり前みたいな顔しないで(´;ω;`)ウッ… おっちゃん「はずして外に運び出すとか?」 副社長「それができんのよ。何トンって荷物運ぶから。」 おっちゃん「・・・んで、モータ…

続きを読む

あけましておめでとうございます

あけまして おめでとうございます😃 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ちゅーことで 昨日「うまか飯」と「一番風呂」と「年越しそば」までいただいて 幸せさまだ~~~~ を満喫したおっちゃん。 持つべきものはシショーであるとばかり、寝床に顔を出したら おお! 額に『手形』が!! 笑い初めが『手形』とは・・・シショーやりおる・・・ おっ…

続きを読む

年末のあがき

いや~~ 手ごわかった。 二件目の機械が、なんかぎっちり固まって動かない。 しゃーないので 少しづつ分解し・・・部品に番号をつけて端から順に並べて・・・ ってなことやってたら・・・・ あったよ原因が! 内部チェーンが壊れて、ギアにがっちり食い込んでやんの。 こーゆーのって 大概オーダーメイドサイズなんだよなぁ(;'∀') 聞いたところによると、何年か前に業…

続きを読む