幸福の科学って何? 大川隆法著 『奇跡の法』P.235

【サクセス・マインド】 仏神の心にかなった成功を求めてください。 強く願えば、必ず現象化して現れてくるでしょう。 その願いを持ちつづけてください。 持続することが大事です。 心のなかに強く刻み、イメージし、仏国土ユートピアが地上に出現することを、 そして、あなた自身がその担い手となり、力強いリーダーの一人となることを、願ってください。 成…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 『限りなく優しくあれ』P.167

【愛からの出発】 愛とは、他の人にとって役に立つものを提供することです。 他の人の魂が成長する糧を与えることです。 他の人が勇気を持てるようなことを言うことです。 他の人が自信を持てるようにしてあげることです。 弱き者を単に慰(なぐさ)めるだけではなく、弱き者が成長し、独り立ちしていけるように支えることです。 強き者がますます徳高くなり、弱き者をも育(はぐ…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 『青銅の法』P.49

【自分の弱さやつらさの意味】 例えば、病人になることで、みなが当たり前に思っているような、人間としての基本的な尊厳が失われる部分も多いでしょう。 一例としては、尿を採るのが面倒くさいからと、車椅子に乗るときであろうと、いつも、採尿バッグをチューブで着けたままにして動いているようなこともあります。 あれは本当に恥ずかしいだろうと思います。つらいでしょう。 手抜きと言えば…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 『経営成功学の原点としての松下幸之助の発想』P.104

【「考え抜く」ことの効用】 松下幸之助さんは「考え抜く」ということについて述べた経営者でもあります。 「考えて、考えて、考え抜く」ということは言葉として分かりますが、実際にはできないことでしょう。 たいていの人は考えていると気が散るわけです。 いろいろなことに気が移り、一日中、ベータ波が出ているような状態になります。 それは、テレビのコマーシャルのようなものです…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 『智慧の法』P.164

【「効果的な仕事」を常に考え続ける】 私は、いつも、できるだけ一つの仕事が二重三重に使えるように考えています。 あることに使った仕事の内容がほかにも通用していくように考えているのです。 例えば「幸福の科学学園で使ったものが、次は海外伝道にも使えるように」とか、 「海外伝道で使ったものが、みなさんの会社でも使えるように」とか、 いろいろなことを、二重にも、三重にも…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 『救世の法』P.214

【慈悲とは、地球の力】 どうか、慈悲の名の下に、すべての人々、すべての国々、地球上のすべてのものに対して、あなたの創造力を発揮してください。 慈悲は、あなたを、この世の敵、地球上の敵から護ります。 さらには、宇宙の敵からも護ります。 悪霊、悪魔、そして、他惑星から来た邪悪なる宇宙人からも護るのです。 慈悲のみが、彼らを撃退できるのです。 彼らは、慈悲の…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 『慈悲の時代』P.21

【この世は真実の世界ではない】 この世には何も存在しません。 本当に何もないのです。 あなたがたは「幻(まぼろし)」を見ているにすぎません。これらは幻です。 あなたがたは幻です。 あなた自身も幻です。 あなたがたは、自分のことを誤解しています。 誤解し続けてきたのです。 それは「幻」なのです。 この世は「仮の世」であり、真実の世界ではない…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 『幸福の科学とは何か』P.104

【菩薩の愛】 宗教において「愛が大事である」と言われている、その教えの中心部分は、この菩薩のところにあります。 どのような宗教であっても、人々をよくする方向を含んでいるものには、その中心で菩薩が活躍してることが多いのです。 菩薩は人助けを専門にしている魂だと言ってよいでしょう。 人を導き、助けること、利他に生きている人々と言ってよいでしょう。 これは、やはり…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 『心が豊かになる法則』P.123

【「一日一生」の時間戦略】 「今日一日であなたの寿命が終わるとして、そのときに、あなたは何をしますか」 これを毎日問うてください。 毎日これを問うて、1年、2年、3年、5年、10年と続けていけば、おそらく3年以内に、あなたの人生は大きく変わります。絶対に変わります。 毎日毎日「今日一日で終わるかもしれない」と思いながら「この一日を無駄に使わずに、何とかして、神様仏様、…

続きを読む