幸福の科学って何? 大川隆法著 (『秘密の法』P.144)

【教学を続ける態度】 いろいろなケースがありますが、やはり、知性的にも理性的にも、平均的に、相手の罠などを弾き返せるような力をできるだけ持ってほしいと思います。 もちろん、神仏が救ってくださることもあります。 しかし「いつもいつも」というわけにはいかないと思うのです。 自分の存在と行動が招いている現象であるならば、やはり自分自身に跳ね返ってくるので、そのあたりは強くな…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 (『君よ、涙の谷を渡れ。」P.90)

【奇跡が起きる時】 信仰の世界においては、距離や時間は関係がなく、思いは即行動です。 心底から願ったものは実現します。 信仰心を強めてください。 高めてください。 あなたがたの信仰心が、ほんとうに純粋化し、高まってきたときに、奇跡は起きます。 奇跡は求めなくても起きるのです。 奇跡を求め、起こそうとしても、奇跡は起きません。 奇跡を求めるの…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 『感化力 P15』

【感情のコントロール】 自分の自由にならないことの最たるものは、他人の気持ち、感情です。 これは、本当に自由にならないことがあります。 他人に対してアドバイスをすることはできますが、それで相手を変えることができるとは限りません。 しかし、自己の感情は、自分で統御(とうぎょ)することができます。 たとえば、友人と喧嘩をした場…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 『秘密の法』P217

【強いフォースを発揮する人】 地上で生きる以上、ある意味では欲がなければ生きていけないのですが、その欲をよく節し、それを“貯金”として積んだ者は、やはり霊的な力が出てきやすいと見てよいのではないかと思います。 ですから、ボクシングのパンチや、キックボクシングのキック、柔道の投げ技などの力もありますけれども、 そういうフォースとは別に、普段は柔軟で寛容で穏やかに生きている人が…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 『信仰を深めるために』P.48

【反省の大切さ】 人間はみな、個性を持って生きています。 それはそれでよいのですが「反省によって、その心に付いた塵(ちり)や垢(あか)、汚れを取り除く」ということをしないでいて、それがあまり積もりすぎると、真っ黒けになってきます。 そうすると、 残念ながら、自分の守護霊や、 自分の魂の兄弟たちと、つながることができなくなってきて、光が伝わらなくなってきます。 絶縁体の…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 『ストロング・マインド』P.105

【自分の気持ちを考えすぎない】 人間は、すぐに自分の気持ちを考えてしまいます。 「自分が傷ついたかどうか」 「自分は幸福なのか、不幸なのか」 「自分は、どうなのか」 というように、主語が自分になりがちなのです。 「私は」「僕は」と、まず主語が自分になり、「自分は、どうか」ということを考える癖があるならば、 少し、この主語を変えて、その主語のところに、ほかの人…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 (会内経典『謙虚さの底力』P.72)

【謙虚さの底力】 「アリとキリギリス」は、すごく単純な話ですが、これは「永遠の真実」であり、天候や季節のことを言わずに、コツコツと努力している者は最後は勝つので、この因果の理法は知っておいたほうがよいと思います。 そういう意味で、才能なんかに酔っている人を私は信用しないし、黄金期というか、ピークのようなものを持っている人も信用しないのです。 駄目になることのほうが圧倒的に多いの…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 (『秘密の法』P.97)

【コロナウィルスの霊的影響】 インフルエンザの場合、特に悪性のものになってくると、細菌、ウィルス等の集合霊のなかに、中心霊として人間霊が入る場合があります。 インフルエンザの場合、たいていは1人ぐらいですが、必ずしもインフルエンザで亡くなった人とは限りません。 病院で病気のために亡くなった人や、不慮の原因で亡くなった人等で、迷っているような人がいるのです。 そして、そ…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 (『ウィズ・セイビア宇宙存在ヤイドロンのメッセージ』P.84

【混沌の時代を生き抜く指針】 《ヤイドロン》 まずは人類全体に言えることですけど「心の発見」をしなければ駄目ですね。 「自分の中心にあるものは心だ」ということを「心の存在」を発見しなければ駄目ですね。 そして、心の発見は、同時に「魂の発見」につながらなければならないということですね。 「魂」にどれだけの可能性があるか。 地球的には、まだ「死後の世界の幽霊」…

続きを読む

幸福の科学って何? 大川隆法著 『鋼鉄の法』P.338

【経験には全て意味がある】 人間は、実は、魂のほうが本体であり、霊天上界、実在界といわれる世界にいるほうが本当なのです。 ですから、この地上にいる3万日ぐらいの人生というのは「魂の学校」としての地上の世界に、魂の経験を積むために生まれてきているのだということを知ってください。 そのように考えたときに、人生におけるさまざまな苦難や困難、病気、あるいは、事業での失敗、人間関係で…

続きを読む

大紀元 ご寄付のお願い.jpg
不倫.png
なにやってんだ?パキスタン政府.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg
グローバル・サプライチェーンが汚染されている.png