WHO顧問が暴露「武漢の現地調査は中国主導だった」 研究所から漏れた可能性は99.8%との指摘も

有料記事下の画像をクリックしてください。 「中国の武漢ウィルス研究所から新型コロナウィルスが漏れた可能性は極めて低い」と報告した世界保健機関(WHO)の現地調査について、同機関の顧問が、実際の調査は中国当局によって行われていたことを暴露しました。 #WHO #武漢ウイルス研究所 #調査

続きを読む

アメリカを「20世紀のローマ帝国」に押し上げた繁栄の精神とは? アメリカは原点に立ち返るべき

《本記事のポイント》 ・トクヴィルは、アメリカはローマ帝国のように世界を支配すると予言 ・アダム・スミスの『国富論』が実現 ・一人当たりのGDPがいち早く急増したアメリカ バイデン米政権は、早々にも連邦レベルで最低賃金を15ドルに引き上げることを予定するなど"社会主義的"な政策を実行に移していく構えだ。コロナ対策や環境投資に全部で4兆ドル支出する予定だが、その支出はいずれ大増税になっ…

続きを読む

トランプ政権を倒した習近平氏のさらなる世界戦略とは?

世界史が端境期を迎えている。 中国共産党にとって宿敵とも言える存在だったトランプ米政権は退場し、中国とのつながりが疑われるバイデン氏が大統領に就任した。中国は、選挙の大勢が決まった時点で香港民主派への締め付けを強め始めた。バイデン氏も「戦略的忍耐」という、オバマ政権が東アジア情勢を傍観するのに使った言葉を持ち出した。 中国共産党結党は2021年で100周年を迎える。覇権拡大への邪魔者…

続きを読む

◆米FOXニュースがトランプ支持の司会者を降板 強まる言論弾圧の背後には親中勢力か?

《本記事のポイント》 ・FOXニュースが、系列内で最も視聴率の高い番組を突如打ち切り ・親トランプの司会者を狙い撃ちにした、"トカゲのしっぽ切り"か ・視聴率が激減してもなお民主党に寄るFOXニュースの背後に"何"があるのか 果たしてどこから圧力がかかっているのか、米メディアの左傾化が止まらない。 米保守系テレビ番組・FOXニュースが、ドナルド・トランプ前大統領への支持を表明し…

続きを読む

ザ・リバティ有料記事のご案内

以下は「ザ・リバティweb」の有料記事です。記事の冒頭は無料で掲載されてますよ😃 ◆英科学誌ネイチャー、コロナ生物兵器説の閻麗夢氏をブロック 自然変異説では理解できない感染力1000倍の脅威 https://the-liberty.com/article/18054/ ◆コロナ倒産が1000件到達、休廃業は5万件以上 それでも政府は緊急事態宣言を延長 https://the-…

続きを読む

◆大川総裁が法話で2021年の指針 「コロナ禍の先に、スピリチュアル革命が起きる」

大川隆法・幸福の科学総裁は7日、東京都内の教団施設「東京正心館」において、「『秘密の法』講義」と題し法話を行った。法シリーズ最新刊『秘密の法』を参考書籍とし、苦難の時代を生き抜く心構えを語った。 ◎大統領選を受けて──「行き詰まり」の先に、精神革命がある 大川総裁は冒頭部分で、混迷を極める米大統領選について言及する。 (続きは以下のURLより)

続きを読む

◆改造動物、ウィルス兵器(コロナ)、人造兵士──"バイオ狂国"中国の正体に迫る 「ザ・リバティ」3月号、1月29日発売

次の時代を揺るがす兵器はたいてい、開発された同時代の人間には、現実離れしたものに見える。 戦後、最も恐れられた兵器が核爆弾であることは常識だ。しかしそれが最初に日本に落とされた時、ほとんどの人は何が起きたのか分からなかったはず。ましてやアメリカが原爆開発のため進めていた極秘計画「マンハッタン」など、当時の人が聞けば「都市伝説」に聞こえただろう。「原子核を分裂させて爆弾にする」などと、どれだ…

続きを読む

とうとう悩乱したか、菅政権! 罰則付き改正案は東京オリンピック強行のための悩乱策

菅政権は22日の閣議で、新型コロナウィルス特措法と感染症法の改正案を決定し、国会に提出した。主眼となるのは、入院勧告を拒否したり、入院先から逃亡したりした感染者に対し、懲役1年以下、または100万円以下の罰金を科せるようにする刑事罰を新設することだ。 (続きは以下のURLより)

続きを読む

大紀元 ご寄付のお願い.jpg
不倫.png
なにやってんだ?パキスタン政府.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg
グローバル・サプライチェーンが汚染されている.png