トランプ政権を倒した習近平氏のさらなる世界戦略とは?

世界史が端境期を迎えている。


中国共産党にとって宿敵とも言える存在だったトランプ米政権は退場し、中国とのつながりが疑われるバイデン氏が大統領に就任した。中国は、選挙の大勢が決まった時点で香港民主派への締め付けを強め始めた。バイデン氏も「戦略的忍耐」という、オバマ政権が東アジア情勢を傍観するのに使った言葉を持ち出した。


中国共産党結党は2021年で100周年を迎える。覇権拡大への邪魔者がいなくなった習近平国家主席は今、何を感じ、何を企んでいるのか。


(続きは以下のURLより)

TheLiberty Web.jpg

この記事へのコメント

大紀元 ご寄付のお願い.jpg
不倫.png
なにやってんだ?パキスタン政府.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg
グローバル・サプライチェーンが汚染されている.png