幸福の科学って何? 大川隆法著 『ストロング・マインド』P.105

【自分の気持ちを考えすぎない】


人間は、すぐに自分の気持ちを考えてしまいます。


「自分が傷ついたかどうか」

「自分は幸福なのか、不幸なのか」

「自分は、どうなのか」


というように、主語が自分になりがちなのです。



「私は」「僕は」と、まず主語が自分になり、「自分は、どうか」ということを考える癖があるならば、


少し、この主語を変えて、その主語のところに、ほかの人を置いてみてください。



あなたが、「自分の不幸の原因になっている」と思う人を主語に持ってきて、その人の立場から考えてみていただきたいのです。


「私が不幸なのは主人のせいだ」

「私が不幸なのは息子の出来が悪いせいだ」などと、いろいろな原因はあるでしょう。



しかし、「私が、私が」という思いが何度も出るのであれば、少し考え方を変えて、


「主人は、私のことを、どう思っているのかな」


「息子は、私のことを、どう見ているのだろう」


と考えてみてください。


「私は、私は」という主語の部分を少し変えて、人の気持ちを考えてみることが大事です。


(『ストロング・マインド』P.105)

この記事へのコメント

大紀元 ご寄付のお願い.jpg
不倫.png
なにやってんだ?パキスタン政府.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg
グローバル・サプライチェーンが汚染されている.png