中共の目的は?英、豪、台など首相クラスの個人情報が把握される

下の画像をクリックしてください。
中〇共〇党


深セン市にある情報処理会社の振華数拠が、中国共産党の軍部や情報機関のために、海外の国家指導者や軍関係者、企業家、芸術家など240万人にわたる個人情報を収集していた。 データの中には、性別、年齢、生年月日、出身地、職業、電子メール、婚姻状況、各種のコミュニティネットIDなど、基本的な個人情報の詳細が含まれている。報道によると、オーストラリアのモリソン首相、インドのモディ首相、英国のジョンソン首相など、政治家の個人資料も収集されており、カナダのトルドー首相の11歳の娘まで含まれている。



🔷💛ご寄付のお願い💛🔷 大紀元 エポックタイムズ(日本語版)は、世界の主流メディアが報道しない中国の真相を伝え、社会の存続の柱である伝統文化を広めています。 皆様からの寄付金が私たちの活動の支えです。皆様からのご支援をお待ちしております。👓寄付についての詳細はこちら


👉クレジットカードまたは銀行振込で寄付ができます


新刊『悪魔が世界を統治している』日本語版 ¥1,500(税込み)

2020年3月29日発売 ご注文はこちらまで


この記事へのコメント

大紀元 ご寄付のお願い.jpg
不倫.png
なにやってんだ?パキスタン政府.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg
グローバル・サプライチェーンが汚染されている.png