台湾政府、中国共産党の潜入を排除

下の画像をクリックしてください。
台湾国旗


アメリカ政府は、アメリカ企業や国民のプライバシー保護及び国家安全保障上の懸念を理由に、重大な脅威となっているTikTokやWeChatなどの中国製アプリを排除することにしました。多くの国もこれに追随しています。台湾では北京に拠点を置くオンライン動画プラットフォーム「iQiYi」を国内で禁止した後、台湾政府はさらに「台湾淘宝(タオバオ)」に罰金を科し、半年以内に投資を撤回するか、登録を変更するよう通告しました。専門家は、テンセントが次の禁止対象になる可能性があると考えています。



🔷💛ご寄付のお願い💛🔷 大紀元 エポックタイムズ(日本語版)は、世界の主流メディアが報道しない中国の真相を伝え、社会の存続の柱である伝統文化を広めています。 皆様からの寄付金が私たちの活動の支えです。皆様からのご支援をお待ちしております。👓寄付についての詳細はこちら


👉クレジットカードまたは銀行振込で寄付ができます


新刊『悪魔が世界を統治している』日本語版 ¥1,500(税込み)

2020年3月29日発売 ご注文はこちらまで


この記事へのコメント

大紀元 ご寄付のお願い.jpg
不倫.png
なにやってんだ?パキスタン政府.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg
グローバル・サプライチェーンが汚染されている.png