メルケル首相政権の終焉か 反共主義強まる欧州

下の画像をクリックしてください。
メルケル首相2.jpg


先日、香港との犯罪人引き渡し条約を停止すると発表したドイツ。しかしメルケル首相は依然として中国共産党を批判しておらず、「対話」すべきだと主張し、中共への制裁に参加することを回避し、香港人の在留権を緩和することにも消極的だ。しかし、このメルケル首相の主張は、ドイツの与野党から「弱すぎる」「時代遅れ」と批判されている。





🔷💛ご寄付のお願い💛🔷

大紀元 エポックタイムズ(日本語版)は、世界の主流メディアが報道しない中国の真相を伝え、社会の存続の柱である伝統文化を広めています。

皆様からの寄付金が私たちの活動の支えです。皆様からのご支援をお待ちしております。


👓寄付についての詳細はこちら


👉クレジットカードまたは銀行振込で寄付ができます

この記事へのコメント

大紀元 ご寄付のお願い.jpg
不倫.png
なにやってんだ?パキスタン政府.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg
グローバル・サプライチェーンが汚染されている.png