北京で旧暦6月の降雪でネットで囁かれる冤罪伝説

旧暦六月の冤罪

下の画像をクリックしてください。
祟り神.png


7月28日、北京東城区では雪が降ったが、当局の公式サイトは「霰」と称しました。北京は7月に雪が降ることを認めたくないというネットユーザーの意見があった。他のネットユーザーは、この日が庚子年の6月8日、六月に雪が降るのはきっと大きな冤罪があると指摘しました。ではその冤罪とは何だろうか



🔷💛ご寄付のお願い💛🔷

大紀元 エポックタイムズ(日本語版)は、世界の主流メディアが報道しない中国の真相を伝え、社会の存続の柱である伝統文化を広めています。 皆様からの寄付金が私たちの活動の支えです。皆様からのご支援をお待ちしております。

👓寄付についての詳細はこちら https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/52241.html

👉クレジットカードまたは銀行振込で寄付ができます。

この記事へのコメント

大紀元 ご寄付のお願い.jpg
不倫.png
なにやってんだ?パキスタン政府.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg
グローバル・サプライチェーンが汚染されている.png