台湾の李登輝元総統(97)死去 民主化に尽力(20/07/30)

下の画像をクリックしてください。
李登輝.jpg


台湾の民主化を進め、親日家としても知られる李登輝元総統が入院先の病院で亡くなりました。97歳でした。


 台北市の病院に入院していた李登輝元総統は容体が悪化し、30日に亡くなりました。今年2月上旬に自宅で牛乳を喉に詰まらせて体調を崩し、肺炎などをこじらせて半年近く入院生活を続けていました。李登輝元総統は1923年に日本統治下の台湾で生まれ、京都帝国大学、現在の京都大学で学びました。台湾に戻った後は国民党に入党し、1988年に台湾出身の初めての総統に就任して台湾の民主化を進めました。1996年には台湾で初めて実施された直接選挙で総統に選ばれましたが、この選挙の直前に中国が台湾の独立を推進すると反発して台湾海峡でミサイル演習を実施し、アメリカが空母を派遣するなど緊張が高まりました。2000年に引退した後は台湾の独立を訴え、台湾政界に影響力を維持してきました。流暢(りゅうちょう)な日本語を話し、総統退任後に日本を9回訪れるなど、親日家として知られていました。

この記事へのコメント

大紀元 ご寄付のお願い.jpg
不倫.png
なにやってんだ?パキスタン政府.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg
グローバル・サプライチェーンが汚染されている.png