中国政府系紙チャイナ・デイリー社、米メディアにプロパガンダのため4年間で1900万ドルを支払う

下の画像をクリックしてください。
th1BBOSYP3.jpg


米司法省の記録によると、中国政府系英字紙「チャイナ・デイリー」が過去4年間に米国のメディア企業に1900万ドル近くの広告費を支払っていたことがわかった。「チャイナ・デイリー」はニュース記事を装った中国寄りの記事を「ワシントン・ポスト」や「ウォール・ストリート・ジャーナル」などに提供し、お金を払って掲載していた


◆大紀元 エポックタイムズ・ジャパン ニュースサイト



ご寄付のお願い

大紀元 エポックタイムズ(日本語版)は、世界の主流メディアが報道しない中国の真相を伝え、社会の存続の柱である伝統文化を広めています。今回、クレジット支払いでも寄付が可能となりました。皆様からのご支援をお待ちしております。



※寄付についての詳細




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うん。まぁ

すごく迷惑なんだろうなってことは解るよ。

アメリカさんも、プロパガンダしてたしね。

アメリカのプロパガンダ.png



Wiki ☞ バターン死の行進とは、第二次大戦中の日本軍によるフィリピン進攻作戦において、バターン半島で日本軍に投降したアメリカ軍・アメリカ領フィリピン軍の捕虜が、捕虜収容所に移動する際に多数死亡したとされる行進のことを言う。全長は120kmで、もともとはその半分弱は鉄道とトラックで運ばれる予定であったが、計画を立てた当初の捕虜の予想数と、実際の捕虜の数に多く違いがあり、結局100kmを超える距離を難民と捕虜は歩かせられた。


フィリピンでは、日本がアメリカ軍を破ってバターン半島を陥落させた4月9日を2009年から勇者の日 (タガログ語: Araw ng Kagitingan) としてフィリピン・アメリカの戦士を称える休日として定めている。


この記事へのコメント

大紀元 ご寄付のお願い.jpg
不倫.png
なにやってんだ?パキスタン政府.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg
グローバル・サプライチェーンが汚染されている.png