研究者も混乱 中共ウイルスの異常な特徴 ウイルスはどこから?

下の画像をクリックしてください。
中国共産党


中共ウイルスのスパイクタンパク質は、ヒトACE2 受容体への最高の結合親和性を持ち、コウモリを含む他の被検動物を超えており、研究者を混乱させている。多くの人は、コウモリがウイルスの発生源であると考えていた。では、このウイルスはどこから来たのでしょうか?

◆大紀元 エポックタイムズ・ジャパン ニュースサイト
https://www.epochtimes.jp

ご寄付のお願い
大紀元 エポックタイムズ(日本語版)は、世界の主流メディアが報道しない中国の真相を伝え、社会の存続の柱である伝統文化を広めています。今回、クレジット支払いでも寄付が可能となりました。皆様からのご支援をお待ちしております。


※寄付についての詳細
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/52241.html

この記事へのコメント

大紀元 ご寄付のお願い.jpg
不倫.png
なにやってんだ?パキスタン政府.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg
グローバル・サプライチェーンが汚染されている.png