暴動にも参加か アメリカに進出し潜伏する中共の工作員

下の画像をクリックしてください。
spy.png


6月4日、ウィリアム・バー米司法長官は、ジョージ・フロイドの死によって全米で起きた暴動について司法調査を行いたい、これまでの証拠によると、アンティファなど過激派以外、「外部の力」も暴動の激化に力を及ぼしたと発表した。バー氏はこの「外部の力」が何を指しているのか明言していないが、トランプ陣営はこの暴動に関与し貢献した中国人留学生や華僑がいたかどうかを調べているようだ


◆大紀元 エポックタイムズ・ジャパン ニュースサイト



ご寄付のお願い

大紀元 エポックタイムズ(日本語版)は、世界の主流メディアが報道しない中国の真相を伝え、社会の存続の柱である伝統文化を広めています。今回、クレジット支払いでも寄付が可能となりました。皆様からのご支援をお待ちしております。



※寄付についての詳細

この記事へのコメント

大紀元 ご寄付のお願い.jpg
不倫.png
なにやってんだ?パキスタン政府.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg
グローバル・サプライチェーンが汚染されている.png