中国大使館職員がイタリア人記者を脅迫「中国に都合の悪い報道をするな」|新唐人| ニュース| 国際|検閲システム

下の画像をクリックしてください
NO! キンペー.jpg


【新唐人NTDTV=米NYに本部を置く中国語衛星放送。中国&国際ニュースを独自の視点でお届けします https://www.ntdtv.jp/


イタリアメディアは先日、イタリア人新聞記者が駐イタリア中国大使館の職員から脅迫を受けたと報じました。国境なき記者団は、中国共産党が中国のニュース検閲システムを海外へと「輸出」しようとしていると指摘しています。


イタリア日刊紙のイル・フォーリョは23日、習近平国家主席が22日にローマを訪問した際、現地取材中の同紙の記者、ジュリア・ポンピルさんが複数回にわたり、中国大使館の楊翰(Yang Han)報道官から脅されたことを報じました。楊報道官は中国共産党のマイナスになる情報の報道の停止を強く求めて「お前が誰だか知っているぞ」と発言し、ポンピルさんが携帯電話を取り出したところ、「携帯電話を放せ」とも命じました。


ポンピルさんはイル・フォーリョでアジア太平洋地域に関するコラムを担当しており、9年前から中国問題に注目していました。


中国外交官からの不条理な威嚇に対し、イル・フォーリョは紙面で「イタリアは中国ではなく、ローマも北京ではない」と回答しました。


欧州議会議員のステファノ・マウル氏はすでにイタリア外務大臣に対し、この件の調査を要求しました。マウル氏は、「これが事実だと証明されたら、非常に深刻で前例のない事件になるだろう」と述べています。


時事評論家 唐康遠氏

「簡単に言うと、中国当局の外交システムによる強気の姿勢がここ数年露呈され続けており、横暴な態度さえ見られる。これは中国の世界拡張戦略に歩調を合わせるためのものだ。今回の報道官は、中国とイタリアが一帯一路に関する覚書に署名したばかりのタイミングでニュースを提供した。これは中国当局の野蛮で横柄な本性が露呈したものだが、もちろん彼はおそらく、この場を借りて手柄を誇りたかったのだろうし、嫌みのつもりだったのかもしれない。だがどういう形にせよ、外交面に与える影響を考えると、非常に愚かなやり方なのは間違いない」


国境なき記者団も25日、報告書を発表し、中国共産党は世界規模で「世界メディア新秩序」の構築を試みており、国内メディアを弾圧するニュース検閲システムを「輸出」しようとしていると指摘しています。その目的は自身への批判を封じてこれに反撃することで、報告書にはさらに、中国当局の行為はメディアに脅威を与えるだけでなく民主主義体制も脅かすと記されています。


時事評論家 唐康遠氏

「中国当局は今、2つの面から勝負に出ている。1つは西側諸国のエリートを丸め込んで、彼らを中国当局に利益をもたらす影の代理人に仕立て上げようとしている点だ。もう1つはメディアの買収や弾圧によって、西側諸国の民衆が中国共産党の拡大や浸透に注意を向けないようにすることだ。民主政治体制の弱体化を試みながら、ボトムアップ方式によって中国当局に対する宥和政策の作用を是正しようとしている」


国境なき記者団の2018年「世界報道の自由指数」によると、中国の報道の自由度は世界180カ国中176位でした。




==新唐人テレビ NTDTV-New Tang Dynasty Televisionについて==


◆◆新唐人テレビは、米国ニューヨークに本部を置き、中国の真相を掴む独自の情報網により、他のマスコミでは報道されない中国の真実の姿を皆様にお届けします。

◆◆圧力に屈することなく、報道されることのない真実を客観的立場から公正にお伝えします。

◆◆中国のニュース、政治経済、伝統文化、ドキュメンタリーなら新唐人テレビ。

◆◆新唐人テレビは中国本土で失われた伝統文化の復興のために、伝統文化や伝統的価値観に関する番組も積極的に制作しています。


◆◆中国情報,最新ニュース,中国ニュース,中国政治,中国経済,中国軍事,環境問題,環境汚染,環境破壊,PM2.5,集団抗議事件,汚職腐敗,法輪功,迫害,臓器狩り,内部闘争,人権侵害,中国人のモラル,尖閣諸島問題,習近平,江沢民,伝統文化,道徳の向上,歴代の偉人,海外,時事,癒し,ヒーリング,news today,ntdtvjp,xi jinping,us china,





ドキュメンタリー映画『馬三家からの手紙』

この記事へのコメント

ZOOM
不倫.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg