中東の神秘!光と万華鏡の世界~イランのシャー・チェラーグ廟【しろとり良太「素顔の中東」―seasonⅠ:イラン編―】

2020年2月19日公開
下の画像をクリックしてください
しろとり良太2.png


イラン南部の都市シーラーズ。

この街はかつて学問の中心地として栄え、

多くの詩人や哲学者を輩出してきました。


今回ご紹介するのは、シラーズにある

シーア派第8代イマーム、レザーの弟が祭られている霊廟

シャー・チェラーグ廟です。


光の洪水、万華鏡の世界と例えられるモスクは

まさに中東の神秘です。


※現地映像は2019年10月18日に撮影


【ナビゲーター:城取良太】

HS政経塾(第1期生)在籍時、中東研究を専攻し、

2012年にカイロ・アメリカン大学に留学。

現在、幸福実現党広報本部に所属。

この記事へのコメント

大紀元 ご寄付のお願い.jpg
不倫.png
なにやってんだ?パキスタン政府.png
与國秀行.jpg
武士道.png
新唐人テレビ.jpg
th1BBOSYP3.jpg
グローバル・サプライチェーンが汚染されている.png