幸福の科学って何? 大川隆法 (『ジョン・ロックフェラーの霊訓ー巨富を築き・使うための考え方』より)

【富の力】


アメリカには、偉い実業家がそうとう出ているのですが、


何事にも〝源流〟の部分があるので、その繁栄の源流を辿(たど)っていくと、だいたい二人の人物に辿り着きます。



一人は、このジョン・ロックフェラーです。


これは「スタンダード・オイル(スタンダード石油)の創業者です。


もう一人は「鉄鋼王」といわれたアンドリュー・カーネギーです。



20世紀のアメリカの巨大な繁栄を築き、世界最強だった大英帝国を追い抜いて、アメリカを世界一の国にしていったもとにいるのは、この二人ではないでしょうか。


それ以外にも、偉い実業家はたくさんいますが、どうも経済的繁栄の「親神」に当たるのは、このあたりではないかと思います。



あとは、思想的なものや宗教的なものをいろいろと探ってみても、大もとになるものが、まだはっきりと見当たらないのですが、


「経済的繁栄に関してだけは、この2人がどうもかなり大きい力を持っているのではないか」と感じられます。



アメリカが、非常に若い国であるにもかかわらず、急速に発展したのは、経済的な力、すなわち、経営的な成功・発展を成し遂げた「富の力」によって、時間を早め、国を大きくしたからではないかと考えています。


(『ジョン・ロックフェラーの霊訓ー巨富を築き・使うための考え方』より)


この記事へのコメント