エル・カンターレ祭記念経典『トス神の霊言』P.26

【香港革命はどうなるか】


《トス神の霊言》


私が予想する未来としては「(中国の体制は)10年以内に引っ繰り返る」と思いますね、やっぱり。


中国は「共産主義」と称しながら、経済は「資本主義」「自由主義」の部分を入れて、繁栄だけを取って、政治的には共産主義でやろうとしているけど、


もう、政治がこれ以上現状維持だと経済のほうが駄目になっていく時代に入るので。


これからスローダウンしますから。



それで、やっぱり「政治の自由がなければ経済の自由もない」という、ごく当たり前のことが当たり前に証明される時代が来るから、あの習近平体制は倒れます。



今の体制は必ず敗れる。


なぜかというと、今の共産主義政府の信用の担保は経済的発展だからです。


だから、経済的発展が止まったら、もはや、何にも信じるものはなくなります。



経済成長率が“神の代わり”なのです。


中国においては。これがなくなったときに中国は倒れます。


だから、自由化せざるをえないでしょうね。



そのあとはどうなるかですが、いちおう、遅まきながら「議会制民主主義」に移行することになると思います。


(エル・カンターレ祭記念経典『トス神の霊言』P.26)

この記事へのコメント