◆中国最大のダム(三峡ダム)の歪みを「弾力性」と弁明した北京政府【澁谷司──中国包囲網の現在地】

《本記事のポイント》

・中国最大のダム(三峡ダム)の湾曲が大問題になっている

・共産党政府の弁明は二転三転

・地震、利権、ずさん工事……絶えない黒い噂


近頃、中国湖北省宜昌市にある三峡ダムが湾曲したことが指摘されている。確かに、グーグルアースで2018年に撮影された画像では、ダム下流の方に若干の"しなり"が生じているように見える。普通、ダムが湾曲するとは考えづらい。


(続きは下の画像をクリックしてください)
TheLiberty Web.jpg




━・━有料記事のご案内━・━


◆これだけ知っトクNews(7月30日版) 中国人へのビザ発給簡素化へ むしろリスクが高まるばかり




――――――――――――――――――

★知っトクNews内容のサンプルはこちら


――――――――――――――――――



━━━━━━━━━━━━━━━━

ザ・リバティ 9月号 新着記事

━━━━━━━━━━━━━━━━


◆参院選、自公の「現状維持」を選択 高まる幸福実現党への期待 - ニュースのミカタ 特別版



◆トランプ氏の北朝鮮入境 「北温存」で中国を倒す - ニュースのミカタ 1



◆台湾総統選候補者が出そろう アメリカが台湾防衛に動いた - ニュースのミカタ 2



◆組織を率いる人の 心の統御



◆信仰の力で人生が変わる奇跡を - 大川隆法総裁 講演Report 「仏法と勤労精神」



◆世界の争いを仲裁する日本の使命 - 大川隆法総裁 法話Report 御生誕祭「人生に自信を持て」



◆政治の根本には神の正義がある - 大川隆法総裁 講演Report 「幸福への論点」



◆自虐史観を解く7つのステップ 世界から尊敬された武士道 Part.1



◆自虐史観を解く7つのステップ 世界から尊敬された武士道 Part.2 韓国は歴史の歪曲を認める時期に来ている



◆自虐史観を解く7つのステップ 世界から尊敬された武士道 Part.3 信仰心を取り戻さなければ"洗脳"は解けない



◆開戦前夜のアメリカ・イスラエル VS. イラン - イランは本当に 「悪」なのか?



◆「武士の国」に戻る革命 ―戦後75年、日本は「独立」する - 編集長コラ





★[最新号]月刊『ザ・リバティ』9月号のご購入はこちらから(↓)




━━━━━━━━━━━━━━━━


◇世界の方々と協力し、自由の創設を行うために、ご寄付をいただけますと幸いです。

1口1万円からお受けいたします。皆様方のご支援をよろしくお願いいたします。






◆◇ ━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆

「ザ・リバティweb」の有料購読にお申し込みいただけますと、

有料購読者限定記事や過去記事等、すべての記事をお読みいただけます。

有料購読のお申し込みは、今すぐこちらへ!


━━━━━━━━━━━━━━━━

■無料メルマガ お試し☆ニュース・クリップは、

無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」会員登録を

された方用のサービスです。

■このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。

ご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。

■最新の情報はサイトでご確認ください。

リンク先の記事は一定期間経過後に削除されることもあります。

ザ・リバティweb:https://the-liberty.com/

■アドレス変更はこちらの「無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」登録メールアドレスの変更」をご覧ください。


■無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」の解除はこちら。


■配信元:幸福の科学出版株式会社

Copyright(C) IRH Press Co.,Ltd. All Rights Reserved.

この記事へのコメント