◆映画「トップガン」から日の丸と台湾国旗が消えた!? 米議員「中国共産党は経済力で異議の声を黙らせている」


《本記事のポイント》

・米映画「トップガン」の続編から日の丸と台湾国旗が消えた

・中国資本による影響だとする憶測が飛び交っている

・資金力で映画界の覇権を拡大する中国に対し、日本はメッセージ性で勝負をかけるべき


米ハリウッドが、中国資本の前に屈しているようだ。


1986年に公開され、全米で大ヒットしたハリウッド映画「トップガン」の続編が2020年の夏に公開を予定。34年ぶりとなる続編にファンから喜びの声が湧く一方で、予告編の映像が議論を呼んでいる。


(続きは下の画像をクリックしてください)
TheLiberty Web.jpg



━・━有料記事のご案内━・━


◆反日差別にも負けず、韓国で孤児院を運営し続けた日本人女性の姿



━━━━━━━━━━━━━━━━


★[最新号]月刊『ザ・リバティ』8月号のご購入はこちらから(↓)




━━━━━━━━━━━━━━━━


◇世界の方々と協力し、自由の創設を行うために、ご寄付をいただけますと幸いです。

1口1万円からお受けいたします。皆様方のご支援をよろしくお願いいたします。






◆◇ ━━━━━━━━━━━━━━ ◇◆

「ザ・リバティweb」の有料購読にお申し込みいただけますと、

有料購読者限定記事や過去記事等、すべての記事をお読みいただけます。

有料購読のお申し込みは、今すぐこちらへ!


━━━━━━━━━━━━━━━━

■無料メルマガ お試し☆ニュース・クリップは、

無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」会員登録を

された方用のサービスです。

■このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。

ご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。

■最新の情報はサイトでご確認ください。

リンク先の記事は一定期間経過後に削除されることもあります。

ザ・リバティweb:https://the-liberty.com/

■アドレス変更はこちらの「無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ」登録メールアドレスの変更」をご覧ください。



■配信元:幸福の科学出版株式会社

Copyright(C) IRH Press Co.,Ltd. All Rights Reserved.

この記事へのコメント