チェンジジャパン政見放送【年金】

下の画像をクリックしてください。
幸福実現党応援TV.jpg




年金とねずみ講の違い ⇒ 



テーマ:年金:箇条書き(誤字、脱字はゴメンナサイ)

・金融庁の不思議なレポート「年金2000万円問題」
・日本の年金は「ねずみ講」
・今の年金は「賦課方式」で、将来年金が返ってくるかわからない。
・ねずみ講はあくまで任意加入。年金は強制加入。
・今の年金は生産したほうがいい
・若者向けの「新年金制度」の提案
・今の年金は年金国債で返す。永久債は利息なし。償還期限なし。実質紙幣と同じ。
・永久債でいったん「お返し」
・新年金制度は「積み立て式で」将来必ず帰ってくる。
・新年金は巨大な額になるので、運用して増やす。
・なぜ政府はしないのか?単純に自信がないから
・政府は「年金は運用して増やす」ためにあるという情報を隠している
・たまった年金は厚生省が使い込んでしまった
・民間だったら犯罪{横領罪・詐欺罪}
・年金の闇
・使い込んでしまった今の厚生労働省は解体すべき
・省を名乗る資格なし
・運用をしっかりやったら、莫大な利益がですハズ
・運用益で十分賄えるし、消費税なんか必要ないはず
・国債は政府の借金
・永久債は償還期限がない。つまり政府が発行する紙幣と同じ。
・年金運用機関GPIFで運用してるらしい
・現在、運用の素人しかいないようだ。
・運用すると成績が問われるので、世間に知られたくない

・現在の年金受給者で生活せざるをえない人には、政府が責任をもって給付を維持すべき
・障碍者年金、遺族年金もキープ。

・積み立て方式ではインフレになると、お金の価値が下がる。だから運用が必要。
・銀行預金は現在デフレで無意味。
・なので投資は必要。