香港デモは、中国の”国内問題”ではなく、国際問題だ[HRPニュースファイル2024]



HS政経塾スタッフ 遠藤明成


◆ G20を前にして、香港のデモ隊が各国領事館に陳情書を提出


G20首脳会談の前日に、香港のデモ隊は各国の領事館まで行進し、「逃亡犯条例」改正の完全撤回への支援を訴えました。


デモ隊は陳情書を領事館に提出し、この条例をG20の議題とすることを求めています。


「香港に自由を、いまこそ民主主義を」


「トランプ大統領、香港を解放してください」


そう訴えているのは、条例案の審議が止まっただけでは、まだ不十分だからです。


香港政府は、条例案が来年7月に廃案になることを受け入れると表明しましたが、議会は親中派が多数なので、実際は、あとで審議を再開できます。


そのため、デモ隊は香港政府が自ら案を完全撤回するまで妥協せず、各国政府に支援を呼びかけました。


香港政府は北京の言いなりなので、中国に主要国が抗議し、圧力をかけなければ、また改正案が蒸し返される恐れがあるからです。




続きは下の画像をクリックしてください
幸福実現党2.png